お家にいても接客ができる!ウェブ接客のススメ|Support Service
HOME>Topics>お家にいても接客ができる!ウェブ接客のススメ

ウェブ接客とは

インターネットの普及に伴い、より購入に繋げる方法が模索されています。その中で有効とされているのがウェブ接客です。「人気だけど実際どんなもの?」という疑問にお応えして、ウェブ接客についてを説明しています。

コンバージョン率を上げる!ウェブ接客の施策徹底比較

訪問回数でLPの見た目を変化させる

コンバージョン率を上げるために重要なのが、訪問者の購入意欲を上げることですが、何度も訪問している訪問者はかなり興味を持っていると言えます。その人達をしっかり購入につなげるため、回数にあったLPにしていく施策です。ポップアップが回数によって変わるのが特徴です。

カゴ落ち対策

顧客の購入前最後の壁として挙げられるのが、カート以降の手続きです。カゴ落ちをした人に対してメールを送ることやカートに応じてポップアップで買い忘れのメッセージを表示するのが特徴です。

PC操作

店に行かずに買い物をする

ウェブ接客とは、リアルタイム接客とも言います。具体的にはWebサイトでお客様が店舗に臨場したと同じように個々の対応をすることです。お客様のニーズごとにウェブで接客をおこなうことです。お客様がご来店した場合、いらっしゃいませという案内から、お客様が何を探しているのかを聞き取り、商品の特徴や価格を提示します。これをウェブ上で、お客様が店舗に臨場しなくても商談ができるわけです。店のスタッフも、直接お客さんと面接せずに済みますし、お客さんも、直接店のスタッフには言えない要望などが話せるという特徴があると言われることがあります。

ホップアップ

ウェブ接客には、大きく2種類あると言われています。一つは、ポップアップと言われるものです。パソコンやスマホなどの電気通信端末によって通信販売の商品を検索した場合、その端末のユーザーの属性、購入履歴や閲覧履歴、さらにはその端末を特定するためのSNSの情報や、場合によってはIPアドレスなどによって、その端末の使用者に対して最も適した商品をホップアップします。つまり個々のお客様に最適な商品情報を提供するのです。

チャットタイプ

もう一つのウェブ接客は、チャットタイプと言われるものです。ホップアップは宣伝が流れるだけなのに対し、チャットタイプはホップアップされたサイトの一部にチャットを取り付けたものです。ホップアップを見ているお客様と対話することを実現するツールです。ウェブ接客はお客さんが店舗に臨場する場合とは異なり、商品の疑問点や代金を店員にさっと確認してタイムリーに解決することができます。いずれのウェブ接客を導入する場合でも、自らの企業にメリットが大きいのはどちらなのかよく検討する必要があるでしょう。

広告募集中