店側の負担なし!wechat payは手数料なしで始められる|Support Service
HOME>特集>店側の負担なし!wechat payは手数料なしで始められる

中国で話題の支払い方法

偽札が問題となっている中国では一般的な支払い方法としてwechat payが普及しています。「どんなものなの?」「危険ではないの?」という疑問がある方のためにここではwechat payのメリットや特徴について解説しています。

wechat payの利用方法3選

店舗掲示型

導入する店側に固定のQRコードがあり、消費者がそれをスキャンすることで決済できるものです。

消費者掲示型

消費者が自分のQRコードを表示して店側がそのQRコードを専用のアプリや端末でスキャンする方法です。

ネットショッピングでの利用

店舗掲示型、消費者掲示型は店舗での利用ですが、ネットショッピングでもwechat payを利用することが出来ます。ネットショップにQRコードを設置し、消費者がそれをスキャンすることで支払いが可能です。

中国人観光客の集客

吹き出し

日本は世界の人から見ると素晴らしい観光地のようで、世界中から多くの観光客が訪れます。中国は人口が非常に多くて比較的近いので、毎年多くの観光客が訪れます。日本で商売をしているならいかに中国人観光客を集客できるかが鍵になるかもしれません。中国において良く使われている支払い手段にwechatpayがあります。QRコードを読み取るだけで支払いが完了できるため、お店として支払い手段に入れておくと、売上アップにつなげられるでしょう。

手数料なしで導入

日本での決済方法として、現金の他にクレジットカードや電子マネーがあります。クレジットカードなどは非常に便利ですが、お店の方が導入のための一定の手数料を負担しています。小さい商店などではなかなか導入できないところもあります。新しい決済方法としてwechatpayがあります。主に中国で使われている決済方法で、中国人観光客なら多くの人が使えるでしょう。こちらは店側の負担がかからない決済方法なので、小さい店でも導入しやすいです。

確実に決裁できる

お店としては現金で決済してもらうのが一番確実のように感じます。でも手渡しでのやり取りになるのでどうしても間違いなどが起きやすいです。wechatpayであればQRコードを読み取るだけなので、金額の間違いなどは発生しにくいです。

広告募集中